もともと写真を撮るのが大好きな夫・・・でも子供が生まれてからは写真を撮るペースが上がってしまい・・・

もともと写真を撮るのが大好きな夫・・・でも子供が生まれてからは写真を撮るペースが上がってしまい・・・
825: 名無しの生活暮らしさん 2016/03/20(日)02:18:10 ID:wb3
愚痴吐きです。

夫はもともと写真を撮るのが好き。
でも子が生まれてから、それが苦痛レベルになってきました。

例えば、子とお出かけの際は、服を着替えてパシャリ、靴を履いてパシャリ、
マンションの玄関でパシャリ、駅まで歩きながらパシャリ、
ホームで電車を背景にパシャリ、食事のときもパ(ry
私も時々撮るけれど、あまりにひどくてうんざり。

公道や人目のあるところではあまり撮らないように注意するけど、
「邪魔にならなければ良い」という考えなので、私が何を言っても聞かない。
何度言っても、
・他の人の邪魔にならないようには気を付けている。
・子供の写真や動画をたくさん残すのは親の努め。
・お前はほかの人の視線が気になるだけ。ええかっこしい。
と言われ、こちらもうまく反論できなくて結局同じことの繰り返し。

最近の休日は、子の動画を撮って、それをテレビの画面で見せるというのがもっぱらの遊びで、
撮られるのが好きな子も楽しそうだし、テレビで自分をすぐに見たがる。
夫は、子が喜んでいるからこれは良い遊びなんだ、と主張するけど、
私はそれはきちんと遊び相手をしているとは思えないし、
もっと他の遊び相手をしてやってほしいといっても、聞かない。

変な言い方だけど、子に自意識過剰になられても困るし、
何よりどこでもすぐにカメラを構えるのが嫌。
外食の時も、まず料理写真を撮らないと食べさせてくれないので、
撮影が終わるまで待たされて、熱々を食べられないのも嫌。

最近は一緒に外出したくない。
遊びに行って、あれこれ楽しい時間を共有したいのに、
撮影+それを待っている時間が多くて本当にうんざりする。
遊びに行こうと言われても、結局写真を撮りたいだけじゃんと思ってしまう。




アクセスの多い人気記事

828: 名無しの生活暮らしさん 2016/03/20(日)05:11:26 ID:q2Z
食事の時に限っては迷惑かかってるよね。>>825に。
妻は迷惑かけても良い相手だと見下してんだよ。失礼極まりないね




833: 名無しの生活暮らしさん 2016/03/20(日)07:08:22 ID:0E8
>>825
私があなたの立場なら、旦那のそんな姿を動画撮影して、家族親戚に送信するか親戚上映会開くわw
「撮るよぉ」とか事前に断りなくね。断り入れたら必ずごねるだろうから。
延々と撮り続ける父親を延々と撮り続ける母親になるわ。
もちろん赤ちゃんのことはちゃんと見るけどね。
旦那も赤ちゃんフィーバーではっちゃけた上に嫁を見下してるんだよ。
しかし旦那、ノリがママブロガーと同じ鬱陶しさだね。




835: 名無しの生活暮らしさん 2016/03/20(日)09:02:01 ID:Hw2
>>825
動画でお遊戯会の練習風景や運動会に向けてとか自転車の練習を一回二回と記録するのは良いけど、四六時中は無しだ。
芸能人じゃあるまいし。 食事も撮影したければお一人でどうぞって言って食べてしまえば。
付き合う必要ないし。
のべつまくなしに撮影するんじゃなくてさ、毎年誕生日に柱に頭のてっぺんに印つけて身長を記録と墨塗って画用紙に手形足形 本人直筆の名前と学校クラスと番号書き記す。
三脚で家族写真をその日に全員でもよくない?
まあ、日常も数度くらいは撮影していつか成人した日にでも家族で見れば良い。
が、被写体が常に妻子だけじゃおかしい。
それに限度を越えて妻に迷惑だと言われて逆ギレはおかしい。
その様子も記録していつか分別つく頃に子供に見せてやれば。




837: 名無しの生活暮らしさん 2016/03/20(日)09:24:01 ID:TBY
>>825
子が喜んでいるからこれは良い遊び
→良い遊びかどうかは親が判断しましょう

他の遊び相手をしてやってほしい
→具体的に言ってみた?

子に自意識過剰になられても困る
どこでもすぐにカメラを構えるのが嫌
熱々を食べられないのも嫌
写真を撮りたいだけ
→この辺は旦那と話し合ってる?

ポイントは出かける目的が
あなたは
・楽しい時間を共有したい
旦那
・写真を撮りたいだけ
このズレを話し合うことが必要かと




838: 名無しの生活暮らしさん 2016/03/20(日)11:14:25 ID:Fc2
>>825
なんか凄い勢いでお子さんの自己顕示欲が育ってる感じwww




 
 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

おすすめサイトの注目記事

関連記事

コメント(0)

コメントはまだありません。